学習者辞書研究

プロジェクト紹介

 

本プロジェクトは、科研費基盤研究(A)「汎用的日本語学習辞書開発データベース構築とその基盤形成のための研究」(2011年度-2014年度)のもとに、世界各国の現地語による日本語学習辞書の開発支援を目的とし、「汎用的日本語学習辞書開発データベース(以後「日本語教育語彙表」と呼ぶ)の構築とその基盤形成のための研究を行いました。  日本語学習者数は増加の一途をたどり、さまざまな母語話者向けの日本語学習辞書が必要とされています。しかし、辞書開発には莫大な労力と資金、および、言語研究・辞書研究の蓄積が必要とされます。そのため、その開発は容易ではなく、各地の現地語と日本語によるバイリンガル辞書の開発は、英語など欧米主要言語のバイリンガル辞書に比べると著しく遅れた状況にあります。そこで、自力で辞書を開発できる人材・資金・ノウハウに欠ける環境でもバイリンガルの日本語学習辞書開発が可能となるよう、辞書開発に必要な情報を搭載した「日本語教育語彙表」を構築しました。
 この語彙表は、「現代日本語書き言葉均衡コーパス(BCCWJ)」や日本語教科書のコーパスの語彙調査を行うことによって選定された1万7千920項目の見出し語からなっています。各見出し語には、経験豊富な日本語教師の主観判定に基づく6段階の難易度の他、旧日本語能力試験の等級、品詞・語種・表記・アクセントなどの情報や、語義と用例(作例とコーパスからの実例)が搭載されています。
 本プロジェクトは、この語彙表の他に、コロケーションリスト、類義語リスト、文化的発見記述文リストを作成し、これら全ての情報を一挙に検索できる検索システムをウェブに公開しました(http://jreadability.net/jev)。また、このサイトからは、エクセルファイル形式の「日本語教育語彙表」がダウンロード出来ます。ウェブの検索システムは、日本語教師や日本語学習者向けの日常的な辞書としての使用を、エクセルファイル形式の「日本語教育語彙表」は、研究支援や日本語教育用のコンテンツ開発支援としての使用を目的としています。

last updated
2015-6-9:オープン